BLOG ブログ

シニア向けのインプラントについて

こんにちは。
簡単に予約ができる歯医者、
予約がなくてもご来院可能な歯医者
『わだち歯科シニア歯科』です。


一宮市、あま市、稲沢市、津島市、の近くや周辺に住んでいる方々に
地域密着で、年齢や症状に合わせてカウンセリングや治療を行っています。

今回は、シニア向けのインプラントについて、です。



高齢者のインプラントについて

高齢者は歯を失うとだいたい入れ歯にして人が多いです。
入れ歯の場合は保険適用になるので安く治療ができますが、中には入れ歯がガタついていたり、噛みにくい等、不満を抱えている人も少なくありません。
インプラントは入れ歯の問題点を改善できる治療法です。
高齢者がインプラントをする場合はどんなことに気を付ければよいのかご紹介します。




入れ歯のデメリットは

高齢者が歯を失った場合は咀嚼機能回復治療として入れ歯がほとんどになっています。
入れ歯は保険が適用されるので治療費も安くすみますし治療期間も短いです。
破損したとしても修理してもらえることがメリットと言えます。
抜歯などの外科手術もないので持病も気にしないで治療できます。

しかし大きなデメリットとしてしっかり噛めないということがあります。
入れ歯を使用してから固いものが噛めなくなったという声も多いです。

また、時間がたつにつれて入れ歯は合わなくなってきます。
合わない入れ歯で食事をするのはだんだん苦痛となることも。
その結果栄養がとれなくなり健康に盈虚がでてしまう場合もあるのです。





高齢者向けのインプラント治療について

通常のインプラント治療は麻酔をしてから歯茎を切開して顎の骨にインプラントを埋め込みます。
高齢者の場合は、体への負担を考慮してフラップレスという歯茎を切開しないでインプラントを埋入する治療が適していると言われます。
出血量も少ないので高齢者の体にも影響は少ない治療法になります。

入れ歯を使った総入れ歯の人向けのインプラント「オーバーデンチャー」というのがあり、
現在の入れ歯をインプラントに固定させて噛む力を取り戻すという治療方法です。
簡単には外れることはなく、食事や会話で落ちる心配もありません。
オーバーデンチャーは2~4本のインプラントで済むので現在使っている義歯を使うことができるので手術をしてからも食事ができます。
高齢者でも健康に何も問題がなければインプラント治療は可能になっています。
食事をしっかり噛んで食べることができるようになると食事楽しく、体も健康を維持できます。




健康に問題がない高齢者

高齢者の体が健康な場合は手術しても問題はないです。
持病があるような場合はかかりつけの医師にしっかり相談しておくことが大事です。
治療計画をしっかり立ててインプラン治療に併せて持病や投薬をコントロールして慎重にすすめましょう。
手術を受ける体力がないなど持病をコントロールできないときは
インプラント治療は断念して入れ歯の機能を維持しなくてはなりません。